整形で理想の鼻の形に

整形で理想の鼻の形に 日本人は顔を横から見た際、欧米人と比べると鼻が低いですが、それ自体は存在感を主張するものではなく、本来目立つ部位ではありません。目や口のように動きが大きいわけでもないので、静的な存在と言えます。そのため、顔の中央にありながら静的で、特別に注意をひかないことが美しい条件の要素になります。

他の部分はきれいでも鼻が低すぎたり丸すぎたりすると気になりますが、欠点を解消しようと高くしすぎたり尖らせすぎたりすると存在感が強調されすぎて不自然です。そうした時におすすめなのがヒアルロン酸を注入する方法で、理想の鼻の形にすることができます。高くしたい箇所や気になる個所をどう変えたいのか、施術前に医師に伝えれば、その要望を元に理想的な形にデザインしてくれます。

鼻を高くするためにヒアルロン酸注入を行う場合、唇の距離も意識して手術を行います。手術をする時は黄金比という数学的な比率に基づいて目や唇などとの距離感を考えながら手術を行うので、美しく高くすることが可能です。

鼻へのヒアルロン酸注射の入れすぎには注意して

鼻へのヒアルロン酸注射の入れすぎには注意して 鼻にヒアルロン酸を入れすぎたことによる後遺症、失敗例などが数多く報告されています。
おもに顔がブルドッグのようになったり鼻が横に大きく広がってしまったなど、一度失敗してしまうとそれらを修正するのは非常に困難を極めます。

そのような失敗をしないためにもクリニック選び、ドクター選びをしっかりと行っていきたいものです。
経験や技術、知識の浅いドクターが治療を行うと失敗するリスクが上がります。
顔が不自然になったり、顔の表情が動かせなくなったりなどといった取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

事前にどのようなクリニックでどのようなドクターが施術するのか、経験や技術、実績、知識などは豊富かどうかなどを自分で調べるようにします。

現在ではSNSや口コミサイト、掲示板などで情報を手軽に入手できるようになったので失敗しないためにもこれらの情報源をしっかりと見極めてから
鼻へのヒアルロン酸注射を注意して行ってください。